スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近なんでもかんでも略し過ぎダロ!ってつっこみたくなった今日この頃。
2008年10月27日 (月) | 編集 |
死のトライアングル













ハイ。いきなりなんですか???
って言う声が多数聞こえてまいります。

まぁ「死のトライアングル」といいますとですね。

これ。
デスです


一種の魔方陣とでもいいますかな。

この魔方陣はかなり粋なもので、 
Name欄に殺したい人の名前を強い憎しみをいだいて書くと、

そいつが




死ぬ。 


かなりオーソドックスですね。

しかしこの魔方陣は誰にでも使えるといいますと
そういうわけにはいかないのでっせ。 

なぜかといいますとですね、

この魔方陣はあまりにも膨大なる憎しみに
己の肉体の器が耐えられなくなり死神へと成り果てたもの
にしか使えないんだな。これが。


そして今日、本日死神へと成り果てた少年が一人。

そう。









俺★ 


なぜかノリノリ



事件は起きた。

それは肌寒い冬の到来を感じる10月の下旬。

少年オキナは3時限目の英語を終え、次の教室に向かうべく外にでた。

英語が同じクラスのやつたちといっしょに次の理科のクラスに向かう道の中

友人Gが校庭にボールを見つけた。

彼はボールを拾うと、Wojtek(発音:ヴォイテク)を指差して、

 「Lets bully him!」(こいついじめようぜ!) 

といい、ボールをWojtek氏に蹴り当てた。

友人Gのサッカーセンスは抜群であり、あたったらひとたまりもないであろう。

ボールはWojtek氏を跳ね返り、僕のほうへ転がった。

友人Gは言う。

「Pass that ball to me.」

言われるがままにボールを渡した。そしたら案の定、再びWojtek氏に蹴り当てた。

今度はボールはそう遠くへ飛ばずにWojtek氏が蹴り帰そうとする。

いや、蹴り返すかと思われた。Wojtek氏は友人Gに蹴るかと思いきや

無意味なフェイントをいれ、

ボールを蹴った。

するとなんだ?

ボールは俺の顔面を目掛けて飛んできた。 

瞬発的に腕でボールをかわすものの

Wojtek氏の巨漢(ただのオメガデブ)

から放たれたボールは勢いがよく、僕の腕が一瞬麻痺したかと思えた。

しかし、それはまだ許せた。

許せなかったのは、泥が付着したボールが


俺のソウルそのもの、イノチである


OLD NAVYのフリース(服)

に泥を付けたということだった。

僕は顔に血が上るのを感じた。

誰もが僕がキレたときの恐ろしさを知っているかのごとく後ずさりをした。

僕はWojtek氏に弁解の間も与えずに鳩尾にストレートを入れてやった。

普通のガリガリな野郎ならこれで済んだかと思ったけど、

Wojtek氏の肉体の鎧は防御力を著しく高く、

僕のパンチが相殺されてしまった。

僕も僕で本気で殴らなかったので怒りがつのりもう一発決めてやろうかと思ったら

Wojtek氏はすごすごと逃げていった。

逃げ足の早いやつめ。

僕たちも理科の教室へ向かった。

そこではまだ先生がきてなくクラスメートたちが教室の前で待たされていた。

案の定Wojtek氏もいて、

僕はそいつのところへ歩いていってやった。

頭から血は降りて僕も平静を取り戻したから

いきなりバイオレンスという手には出なかった。

とりあえずこいつの言い分を聞いてやろうか。

俺はいった。

「Why the hell did you kicked the ball t me?」(なんで俺にあてた?)

僕の声は殺気が混じっていた。

Wojtek氏は答えた。

「Because you kicked the ball to him(友人G) and he kicked the ball.」

は?????

理解不能です。

こいつは僕が友人Gにパスをしたから自分が蹴り当てられた。

といいたいようだ。

「What? I wasn`t involved!!」(は?俺は部外者だろ!)

もっともな言い分だと思う。

俺はまったく関係ないじゃないか。

やつは答えた。

「You kicked the ball to him and he kicked the ball.」

こいつと話してると頭が悪くなります。

とうとうこらえきれなくなり

今度はすねを蹴ってやった。

いちいち急所をついてます。俺。

Wojtek氏もなんか怒り出した。

「What the fuck!!」

ふざけるな。

What the fuck じゃねーよバカ。

「What teh fuck?? thats what I want to say it to you! 」(俺のセリフだ!)

やっぱりデブは嫌いです。

俺は続ける。

「I wasnt involved,none. and I got hurt and you made a mess on my clothes!

and guess what? your not apologyzing to me! 」
(俺は関係ないのにボール当てられて、服を汚されたんだぞ!
それなのに、テメーはおれに一言もあやまんねーじゃねーか!)

そしたらあいつは無視して教室んなかに入っていきやがった。

その授業中に俺は死神に成り果てた・・・






まぁ全ての原因は友人Gにあったんだろうな・・・ 



長文ごめんねー
意味ちゃんとわかったかな?



ランキングちょっとあがりましたw

fc2ブログランキング(中学生)            18位
人気ブログランキング(中学生)           11位
日本ブログ村ランキング(中学生)         32位

いまいちw

まぁ文句なんていってらんないね。
これでも上出来上出来w
コメント
この記事へのコメント
No Title
えっと…お憑かれ様です。←
でも、そんな事やられたらキレるよねw
あたしだったら、「何しやがんだてめぇ。なめてんの?」って爽やかな笑顔で言うけどね★←
2008/10/28(Tue) 17:56 | URL  | リサ #-[ 編集]
No Title
(^∀^;)
うざいね・・・
仕方ないよ
デブは肉の端まで神経が行き届いてないから
無神経だ」ッテお母さんが言ってた
そういう奴はとりあえず
[きん●ま狙って
次、みぞおち(^^)
ラストは倒れてる相手に
エルボーだよ(>∀<)]
これで奴は動けないはず・・・・
2008/10/28(Tue) 20:57 | URL  | 茜 #-[ 編集]
リサs
すみません。
ぼくにはそんなクールな
キレかたをすることはできなさそうですw
2008/10/29(Wed) 02:45 | URL  | オキナ #-[ 編集]
茜s
うんwデブって嫌いw
>[きん●ま狙って
>次、みぞおち(^^)
>ラストは倒れてる相手に
>エルボーだよ(>∀<)]
>これで奴は動けないはず・・・・
wwww
ちょっぴり怖いですw
はい。これからはそんな感じにアタックしていきますw(コラ
2008/10/29(Wed) 02:47 | URL  | オキナ #-[ 編集]
なにこの方たちw
勝負しかけたら絶対やられるわw
2008/10/29(Wed) 20:52 | URL  | ロボZGX #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。