スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんか秋休みがあと1週間長かったら俺はキリストかブッッッッッッキョー徒になってやる!!
2008年10月09日 (木) | 編集 |
あああああぶううぅぅぅうううらああかあああたぶぅらぁああああああ゛!!!!

って何語ってか何の言葉ってか何の呪文でしょう?

と思ったので検索。

ここで重要なのは「あああああぶううぅぅぅうううらああかあああたぶぅらぁああああああ゛!!!!」

ではなく、「あぶらかだぶら」までに収束することがポイント。
ここは譲れないところ。ってか譲っちゃいけないところ。
ってかもはやこれなしには成功はない。
ってか(以下略。

んで検索してみますと、


כדברא אברא



おおお!おおお、おおおおおおおお!?


超かっけーーんですけどー!
←アホ


「適切な語訳を持たないが世界中で広く用いられている呪文である」

お!おぅおぅおぅ。

意味ないのかよ!!!

てか呪文かよ!!!!


もうちょっと見てみると、

「この呪文は近年、手品を披露する際の掛け声として世界中の手品師により利用されている。しかしながらこの言葉は、古くは熱病や炎症を癒すための呪文として真剣に唱えられていた。この呪文について言及した最古の書物は2世紀のセレヌス・サンモニクス(Serenus Sammonicus) の詩集『De Medicina Praecepta』である。セレヌス・サンモニクスはローマ皇帝・カラカラの内科医であった。彼は病苦に悩まされる皇帝に対して、この呪文を逆円錐型に記したものを入れたお守りを身に着けるようにと処方し、この呪文の力で患者の病の原因である精霊の支配が弱まると説明した」





いうことは、


昔は、こんな感じ?



あぶらかだぶらあああああ

すいません。

手抜きです。手抜きってか駄作ってかゴミです。


ま、ということで、

呪文ってことですね。

んで意味はってか意味となりうる仮説的意味はたくさんありました。


①私が言うとおりになる


②呪いと疫病


③ この言葉のようにいなくなれ


④アブラクサス?

テレサテレマ???

らしいですね。

概要は勝手に想像してくれ。


<P.S>←追記じゃないです。
ハリー・ポッターにおける Avada Kedavra

イギリスの児童文学作家J・K・ローリングの小説、ハリー・ポッターにおける「呪殺」の呪文Avada Kedavraは、アラム語の「avada kedavra」もしくはその類義語から引用されたと考えられる。「avada kedavra」を簡単に訳すと、「私が言ったものは破壊される」となる。なお、この語はラテン語で死体を意味する単語「cadaver」の影響を受けている。 この「avada kedavra」は、「私が話したとおりになる」を意味するアラム語「Avara Kedavra」とイギリス字訳で一文字だけ異なっている。これは、ハリー・ポッター作中でラテン語由来でない数少ない単語の1つである。





追記に衝撃の事実が。
全部ウィキペディアより引用
コメント
この記事へのコメント
>荒らし
あんたはオカマかw
2008/10/10(Fri) 03:15 | URL  | オキナ #-[ 編集]
もう消したけどね。
2008/10/10(Fri) 03:57 | URL  | オキナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。